Lumbar Urethane Belt

腰椎カーブを維持するために生まれた腰椎ウレタンベルト

腰椎・仙骨間の腰仙ラインの前弯カーブは構造的解剖学的に弱く、腰仙間には体重の約半分の加重が加わります。それにつけ活動量や活動範囲が多く、日ごろ無理な負担や衝撃などの損傷を受けると同時に老化も伴って益々避ける事の出来ない現象が起きてきます。
カイロプラクティック治療においても腰仙ラインのトラブルに起因する症状が最も多く、この不安定な弱い(腰仙ラインの前弯カーブ)構造部位の梃入れ対策として、32年の年月で試行錯誤を重ねた結果生まれたのが、このベルトです。
腰枕的存在」の厚さ2cmのクッションを2個腰仙ラインに装着する事によって腰部、骨盤部周辺の筋肉、関節などの無駄な動きに対してのセーブや左右のバランス的筋活動と負担軽減の役割を果たし可能性を伺う事が出来る究極のベルトです。

企画考案監修
ミウラカイロプラティックセンター 院長 三浦正之
JCA認定カイロプラクタ― カイロプラクティック理学士
カイロプラクター30年歴

骨盤・椎間板には常に大きな負担が加わっており軽減することが大切!
人間は直立姿勢を取るために骨盤にかなりの負担が加わります。歩行や運動時の衝撃吸収などでも大きな役割を果たしています。しかし椎間板は成長を終えると年々薄くなり柔軟性の低下で体が硬くなり、体重の5割が加わっているため損傷を受けやすくなります。3人に1人は人生に一度は腰痛を経験します。
そこで、腰から骨盤にかけての脊髄カーブに腰への負担減を目的とした高反発ウレタンクッション装着の「腰椎ウレタンベルト」を考案いたしました。
皆様の腰痛が少しでも軽減されますように。

でキセキを起こす驚異のウエストベルト

・即効性ではわずか1分の装着で腰の柔軟性が約3cm改善( 体前屈検証による男女平均)
・継続使用では「装着による腰への負担が屈曲時2130%減!伸展時1222%減! 

・通気性メッシュで暑い季節も気になりません

How to Use Lumbar Urethane Belt
- 腰椎ベルト装着手順 -

ベルト本体を広げ腰の窪みにウレタンが当たるようにしベルトをお腹の前で留めます

補助ベルトをウレタンの当たり強度を調整しながらお腹の前で留めます

7,678円(税込)